昔ではなかなか考えづらかったことですが、

男性も男磨きをする為に各種サロンに通う時代になりました。


肌のエステ、ネイル、脱毛、美容院を代表とする、

テレビCMや雑誌広告を一日一回は見かけるのではないでしょうか。


一時代前の男磨きとは、思いつく限りではジムで汗を流したりすることでしょうか。

「男くさい」感じの物が多かった様な気がしますが、今は時代の流れで「美」が好まれるみたいですね。


「美」で思いつくのには、「歯」もあったりします。


今一度自分の「歯」を見てみて下さい。

その美意識が「歯」にまで向いているでしょうか…?


私が思うに、意外と「歯」には無頓着な男性は多い印象です。


いくら肌がもちもちすべすべでも、爪がぴかっぴかでも、ムダ毛が無くても、お洒落な髪形をしても、シックスパックでも、

歯並びが悪かったり、歯の色が悪かったりするとそれらの努力や美意識も無駄になるかもしれません。


「歯」にまでその意識を向ける事によって、更なる「美」が強調され、魅力的な男性になるのではないか。



幼少期から「目を見て人と話せ」と言われて育った方もいらっしゃると思いますが、

思い起こしてみれば「歯」というか、「口」にも意識を向ける事が多いかもしれません。


「目」と「歯」が顔の中白い色がある場所ので、無意識に見てしまうのかもしれません。

目と目で見つめ合って話すのもなかなか恥ずかしい場合もありますし。笑


友人や家族を思い出してみると、案外「歯」に対しての良し悪しを思い返せるものではないでしょうか?



さて、その意外と見られている「歯」を綺麗にするには、オールセラミック治療が一番おすすめです。
(参考:オールセラミックの被せ物(補綴治療)とは


オールセラミック治療とは、芸能人やモデルさん、歌手の方など方に多く利用されている治療方法で、

セラミック(歯科用の陶器)で出来た歯を被せて綺麗にする方法です。


セラミックは非常に透明感があるので、歯科に従事していないと人工の歯とはまず気付かれることはないでしょう。

また、歯並びの改善も出来ますし、色を任意で色を選べたりできますので、

天然的に白い歯や、とびっきり白い歯にもできちゃうのでお好みのままに「歯」を作れます。


一般歯科や審美歯科を扱うところでも治療は出来ます。

しかし、歯科はコンビニの数より多いと言われているので何処を選んだら良いのかわかりません。
また、何かとお金が入りようでしょうからお安く治療をしたいものです。


そこで、オールセラミックの扱いに特化した株式会社Japan Dental Frontierをお勧めします。



日本の主要3都市の、東京・名古屋・大阪でその治療を受けられ、

また、一般的な価格が110万円~15万円と言われている昨今、147,000円~53,000円で治療できるという魅力があります。

安いだけではなく、上記の様にオールセラミックに特化しているので、他の歯科医院などでは考えられない様な治療実績・経験があります。


オールセラミック治療は、経験などで良し悪しが決まってしまう事もあるので、経験豊富ということも大きな決め手です。


是非、ご興味のある方はホームページからお問い合わせも出来るのでご覧頂ければと思います。



株式会社Japan Dental Frontierの審美歯科サービスはこちら

虫歯を保険の範囲内治療すると、主に金属の歯になってしまいます。

金銀パラジウム合金で作られた歯、皆さん良く耳にすることもある「銀歯」です。


銀歯は見た目の悪さもさることながら、長年使用していると劣化してしまうので、

虫歯治療をした後に被せても再度虫歯になってしまうリスクがあります。

専門用語で、二次カリエスと言います。(カリエス=虫歯)


●虫歯になりやすくて困っている。

●何度も虫歯になって困っている。


などお悩みをお持ちの方にお勧めしたい治療があります。


オールセラミック治療はご存知でしょうか。

銀歯ではなく、セラミック(歯科用の陶器)で出来た歯を装着する治療方法です。


オール(ALL)というだけあり、全てセラミックで出来ています。

従って、金属を一切使用していませんので上記の様な劣化してまた虫歯になる。

と言うリスクを大幅に下げる事が出来ます。

※ケアを怠ると虫歯になる事もあるので、歯磨き・歯科医院でのメンテナンスは行うようにしましょう。


また、金属を使用した歯を装着するリスクは他にもあります。


1つは、金属アレルギーです。

お口の中は常に湿っているので、銀歯から金属イオンが溶け出して体内に蓄積します。

個人差はありますが、それが一定以上溜るとアレルギー症状として現れます。

体やお口の中に強い痒みや痛み、また、舌に発症してしまうと味覚障害に陥る可能性もあります。


もう一つは、メタルタトゥーです。

タトゥー(入れ墨)の様に、溶け出した金属イオンが歯茎を黒く染めてしまう現象です。

もし、前歯や奥歯に金属が使用された歯を装着している方がいらっしゃれば唇をめくって歯茎を見てみて下さい。

中には黒くなってしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。。。


銀歯のメリットというと、安価であること、割れないなどの強度がある。ということですが、

金属アレルギーになどの体に悪影響を与えるリスク、

銀歯自体の見た目、またはメタルタトゥーなどの装着することによる見た目が悪くなるリスクをはらんでいます。


それとは違って、オールセラミックは体に与える影響がない、

陶器で出来ているので非常に審美性の高い歯(天然歯以上)を装着する事ができます。

また、非常に精度の高い歯、かつ劣化を起こさないので、再度虫歯になるリスクを大幅に軽減できます。


銀歯のオールセラミック交換のすすめ。



「メタルボンド」と言う歯科治療方法はご存知でしょうか。

審美歯科治療をご検討中の方は聞いたことがあるかもしれません。
または、現在被せている方もいらっしゃるかもしれません。
簡単に言うと、内側は金属で見える部分(表面)にセラミックを貼り付けた歯の事です。

被せ物の素材の違い。オールセラミックとセラミックは別物って知ってますか?

歯に近い見た目になる、かつ色もある程度選択できるので、被せ物(差し歯)での歯列や色味改善、失った歯の改善など、
これらを審美目的で治療する名目で使用されていました。
現在もある程度使われていますが、一番盛んだったのは10年ほど前の事になります。

では、現在は何が最も盛んに使用されているかと言うと、「オールセラミック」になります。
内側も外側も全てセラミックで出来た歯です。

10年ほど前はまだ技術水準も高くなく、歯にとって重要な強度を保てなかったのですが、
現在では、その強度の壁を克服して主流として使われています。

勿論、両者人工物ですので絶対に割れたり壊れたりしない。と言う訳ではありませんが、
オールセラミックは、メタルボンドに比べて非常に優秀なアイテムです。

一切金属を使用していませんので体に優しく、金属アレルギーやメタルタトゥーの心配はありません。
また、セラミックは光を透過するので、中に金属が使われていなければ非常に美しい歯の透明感を再現できます。
従って、体に悪影響もなく、より審美性を高める事ができる。と言う事になります。

さらに、メタルボンドも永久的に劣化しないわけでもなく、
むしろ金属が使われていることによって劣化する年数は早いと言えます。

10年またはそれ以上、もしくは最近メタルボンドを被せた方、
または現在審美歯科治療をお考えの方は、オールセラミック治療を選択すると良いと思います。

しかし、オールセラミック治療はどこも高額です。
比較的安いメタルボンド治療を選択してしまった。

メタルボンドの一般的な価格は、8万円~10万円程度(中の金属をゴールドやチタンにすると価格は上がります)
オールセラミックの一般的な価格は10万円~15万円程度。

なかなか簡単に手が出るものでもないと思います。
そこで、是非JDFのオールセラミック治療のサービスにご注目頂けると良いと思います。
他歯科医院では実現できない様な、1本47,000円~という金額で提供しています。

勿論、安かろう悪かろうではなく、他歯科医院でも一般的に使用されている素材を使っているのでご安心下さい。
まずはJDFホームページをご覧いただき、お問い合わせしてみてください。


あこがれの白い歯を驚きのロープライスで・名古屋・東京・大阪

↑このページのトップヘ