上の前歯って自分でも、他人からでも良く見えますよね?

だから、歯並びが気になったり、色を綺麗にしたいな~。と言う欲が出ると思います。


オールセラミックの治療は、やはり上の前歯の歯並びを治したい。

という方が多く、見た目の印象に対しての治療が多いですね。


上の前歯の歯並びを治す。といっても、下の前歯が邪魔をしていては大きな改善は見込めませんし、また、奥歯に虫歯などで抜いた(抜けた)歯があると、噛み合わせが安定しないので、ご希望の上の前歯の治療が出来ない場合があります。


こう見ても、前歯を治すためには見るべきところがたくさんある訳です。


上の前歯にお悩みやコンプレックスを持っている方もいらっしゃると思いますが、

一度そこだけではなく、他の歯もみてみる事をお勧めします。


が、正直、自分だけでは、良いのか悪いのか分からないと思います。


一番は、専門の人に診てもらうことですね。


最初の一歩は恥ずかしい・不安などの感情もあると思いますが、

我々、カウンセラーと一緒にお悩み解決に向けて歩む道もあると思います。


JDFは実際に治療したお客がカウンセラーをしているため、こういった悩みに非常に細かく対応してくれます。
小学生からの歯並びのコンプレックスはオールセラミックで治せる

また、オールセラミック治療の経験も豊富な医院はそれだけ様々なコンプレックスに対して対応ができますのでそういったところでカウンセリングを受けてると良いと思います。

オールセラミックのカウンセリングを受ける患者様の中で、
意外と知らないな~と思う事は、オールセラミックは変色しないということです。

保険の歯は、樹脂やプラスチック、または金属が多く使われています。
それらは、樹脂の間の小さな隙間に水分を含むことにより、長年の使用や飲食物などから変色することが知られています。

事実、前装冠(保険治療で行う前歯の差し歯)が変色して気になっている。
そのよう理由によって、カウンセリングを希望される患者様は多い印象です。


オールセラミックは変色の心配は無いと言われていますので保険のはと比べても格段に白い状態を維持しやすいです。
但し、着色は起こりにくい素材なのですが、少なからず起こりえます。

マグカップやお茶碗を想像してほしいのですが、
底などに茶渋など、黒ずみや茶色い色が着いていたことを見かけたことはありませんか?

しかし、しっかり洗えば落ちる着色汚れです。
それと同様、オールセラミックにも少なからず着色は起こりえますので、
毎日のブラッシングをしっかり行なうこと、3~6カ月に一度の頻度位で、定期的にクリーニングをお勧めしています。

また、早期発見により大事に至らなかった不具合も見つけやすいです。

これからオールセラミックの治療をお考えの方はこちらも是非参考にしてみて下さい。

被せ物の素材の違い。オールセラミックとセラミックは別物って知ってますか?

オールセラミック治療は男性、女性共にご利用いただいていますが、特に女性の割合が多いです。


大凡、女性8:2男性と言ったところでしょうか。

女性のほうがより美に対しての意識が強いですよね。


その中でも、「イベントまでに歯並びを治したいんです」という女性のお客さまが多くいらっしゃいます。


旅行でいっぱい写真を撮るから予定している旅行までに歯並びを綺麗にしたい。
など、
中にはお見合いの写真を撮る為に。という方もいらっしゃいました。


特に一番多い
理由は、結婚式までに歯並びを綺麗にしたいという方。


世間一般的には、結婚式が女性にとっての一大イベントと言えるのではないでしょうか。


しかし、予想治療期間がご予定までギリギリで残念ながら既に間に合わない。

と言う方もいらっしゃいます。


1回
で歯並びが綺麗に!

と謳っている所もありますが、決して安い買い物でもないですし、長持ちさせるには行うべき治療の短縮は行わない方が良い。


と考えています。


勿論、本数や程度によって治療期間は変わってくるのですが、

前歯6本の治療で1ヶ月半〜3か月程度。

前歯12本の治療で3〜6カ月程度。

目安としてはこれ位なので、オールセラミックの治療を考えている方は参考にしてみて下さい。


結婚式前に歯を綺麗にした方がいい理由。カウンセラー目線で教えます

↑このページのトップヘ